新社会人のためにビジネスマナーを徹底解説!

ビジネスマナーは何のためにあるのか

全ては挨拶から始まる

人と会って挨拶なしに物事が進むことはありません。
新人である以上は常に自分から挨拶する習慣を身につけましょう。周りにいる人はすべて目上の人たちなので相手の挨拶を待っていてはいけません。

ポイントは明るくハキハキと相手の目を見て姿勢を正し、挨拶が終わるタイミングでお辞儀をすると好印象です。
もちろんシーンに合わせてトーンは変える配慮が必要です。会議中に遅れて参加する時に声を張り上げるのは場違いです。

社内などですれ違うときには一度立ち止まってから挨拶します。階段ですれ違う場合も上からでは失礼なので相手と同じ高さになってからのほうが良いでしょう。
離席や外出するときは必ず行き先を告げてから。戻ったときも「只今戻りました」や人が外出するのに気づいたら「行ってらっしゃい」と必ず声をかけるようにします。

挨拶を心がけることで気持ちの良い若者だと認識され仕事がスムーズになっていきます。

身だしなみには気遣いを

身だしなみの目指すところは男女とも共通で人を不快にさせない清潔感です。

男性の場合
・髪型は立てたり奇抜なスタイルやカラーは避けて黒髪が良いでしょう。もちろん寝癖にも注意が必要です。
・新人のうちはヒゲをきちんと剃っておきましょう。
・スーツは2つか3つボタンのネイビー、チャコール、ブラウンなどで体型にあったものを。
・シャツは首周りのサイズが合った白や清潔感のある抑え気味のセンス良いものを選びます。

女性の場合
・髪型はお辞儀しても邪魔にならないようまとめるのが無難です。
・メークは派手にならないビジネスシーンに合わせたものに。
・スーツ、ジャケット、パンツ・スカートはサイズの合った黒、グレー、紺、ベージュなどでスッキリしたシルエットのもの。
・ブラウスは上着に合わせて白か明るい色のものにします。

また自分では気づきにくい口臭や体臭はタブレットや制汗スプレーなどでケアすることが他人への気遣いでもあります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る