あなたは知っている?ビジネスマナーの基本

新社会人のためにビジネスマナーを徹底解説!

ビジネスマナーは何のためにあるのか

すでに学生の頃からマナーについては学んできたかと思いますが学生と社会人とではマナーの重要度も厳しさも全く違います。 何故なら学生は横の繋がりが多いのに対して実社会では自分の好みに関係なく老若男女・立場・地位の違う幅広い関係性での厳格な共通認識が必要だからです。 まずは基本的なことから見ていきましょう。

社会人の基本であるマナーを身に着けよう

ビジネスは決して一人で成り立つものではなく目的達成のために自分以外の誰かと協力しながらゴールを目指して行くものです。
スポーツと同じようにルールとマナーがあることで信頼関係を築き目的地へと前進することが出来ます。
例えばビジネスチームで会議を行う際に誰も挨拶をしなかったり時間を守らなかったり好き勝手にスマホで私的なメールを打っているのでは仕事になりません。
ビジネスマナーがなっていないと相手を不快にさせて顧客との大事な商談に失敗したり協力関係が壊れることだってあり得ます。

ビジネスマナーの習得は一朝一夕で出来るものではありませんがあなたの意識次第でより早く身につけることは可能です。
それを学ぶことで人への心遣いが出来るようになりトラブルや恥ずかしい思いを回避することにも繋がります。
ビジネスマナーそれ自体は目的ではありませんが仕事での技術やスキル以前に身につけるべきとても重要なものです。
本来自分のためのものではなく相手や周りの人を気遣うことが目的なのでまずは自分が社会の一員になったんだということを認識して、自分がどうあるべきかを冷静に考えてみましょう。

ルールとマナーについてもお話しておきます。これらは同一のものではありません。
ルールとは規則のことで例えば常に信号無視をしていれば事故が起きます。誰もルールを守らなければ秩序が乱れてそこは無法地帯です。法治国家である以上ルールを破れば罰則が課せられることになります。
一方マナーは守らなくても具体的な罰則などはなく極端に言うと守らなくても良いものです。しかし自分勝手に長蛇の列に割り込んだり、思いやりにかける発言をしたら周りの人はどう思うでしょうか?この気遣いのなさが人の輪から、しいては社会から阻害されることに繋がります。

社会に出たらビジネスルール・マナーが絶対に必要だということをご理解頂いたところで具体的な事例にコマを進めましょう。

社会人の厳しいルールを知ろう

ビジネスにとってマナーは重要ですがそれ以上にルールは厳しく重要なものです。 今まで許されていたような公私混同や時間を守れないのはビジネス上ルール違反となり厳しい評価を受けます。 具体的にどのようなことに注意していけばよいのかを解説していますのでチェックしてみてください。

コミュニケーションのマナーを覚えよう

ビジネスでの大事なコミュニケーションの一つが電話の対応です。 ビジネスでの電話は一定の規則のようなものが有りその流れに乗って対応します。 ビジネスマンは皆慣れているのでそのリズムで会話が進んで行くことになります。 もちろんその中にもマナーとしての敬語がありますのでそれぞれを見ていきましょう。

TOPへ戻る